【妊娠悪阻】入院生活で準備しておくこと

本日は、妊娠悪阻で入院が決まった際に、準備しておくといいものを
筆者の体験談から書いていこうと思います。

妊娠悪阻による入院で必要なもの

入院中の男性

  • 寝巻き、パジャマ 2~3組
  • 下着類 2~3枚
  • バスタオル・タオル 2~3枚
  • スリッパ 1足
  • 洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、シャンプー、リンス、ボディーソープなど)一式
  • ティッシュペーパー 1箱
  • ウェットティッシュ
MEMO
パジャマに関しては、前びらきかつ、ゆるめがおすすめです。
シャワーに入れなかった時に、体を拭いたり拭かれたりするので、着替えやすさを重視すると楽チンです。

枚数の部分に関しては、洗濯等のことを考えて増減していただければと思います。
筆者の場合は、平均2日1回の頻度でお見舞いにいけたので、わりと少ない枚数で入院生活を送ることができました。

ここに記載されている必要なものリストは、よくみるものですが、
あとから必要になったものも書いていきます。

妊娠悪阻による入院であとから必要になったもの

入院中の女性
こちらは、個人差もあると思うので、参考程度にみていただければと思います。

  • マスク
  • 水で洗い流さないシャンプー(ドライシャンプー)
  • ナプキン
  • 化粧水
  • リップクリーム
  • 防寒具
  • 雑誌 / 本
  • 音楽や映画が見れるデバイス
  • デバイスに対応したイヤホン
  • 自分が飲める飲料水

筆者は、この資生堂のドライシャンプーを安かったので使っていました

MEMO
体調が悪くてシャワーがあびれない、またシャワーを禁止されている場合などに、水で洗い流さないシャンプーは使えるので非常に便利です。
入院時期が、冬だったので、乾燥しているため、化粧水やリップクリーム、マスクも必需品でした。
時期が夏であれば、いらないかもしれません。

入院しているときは、意外暇だったりするので、
筆者の場合は、使っていないiPhoneに、音楽やTV/ドラマ/映画をダウンロードして、見られるようにしていました。
病院で、スマホ使っているとわりとすぐに通信制限にかかってしまうと思うので、オフラインで暇つぶしできる環境を整えていました。

まとめ

びっくりする女性
入院する時期や個々人の体調によって、必要なものが変わってくると思います。
今回、挙げさせてもらった内容で過不足ある方もいるかと思いますが、
なにか役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です